Archive for the ‘イベント’ Category

[外部event]1月11日(土)渡されたバトン〜さよなら原発〜

月曜日, 10月 21st, 2013

池田博穂 監督作品 脚本:ジェームス三木 原発の是非をめぐって 四半世紀にわたる巻町民のたたかい 波乱に満ちたドラマの映画化 と き :2014年1月11日(土) 10:30〜/14:00〜(各回会場30分前) ところ :熊谷市文化センター文化会館(熊谷駅南口直進、信号2つ目、徒歩4分) チケット:前売り1000円(当日1200円)※制作協力券でご入場いただけます 主 催 :熊谷生協病院60周年記念実行委員会 連絡先 :深田・水野 048-523-8705 林 090-7714-7323

[event]2014年1月5日(日)DVD上映会:山本太郎と広瀬隆のドイツ取材3000Kmの旅

月曜日, 10月 21st, 2013

◆2014年1月5日(日)DVD上映会:山本太郎と広瀬隆のドイツ取材3000Kmの旅 好評につき再度、上映会を開催します。 場所:浦和コミュニティーセンター第7集会室(浦和パルコ10F) 開場:13:20 開始:13:40 料金:一般の方300円/当会賛同人は100円 ご予約はこちら 090-9647-2149 星丘 090-7702-4939 野田 kokumintohyo.saitama@gmail.com

[event]2014年1月4日(土)【新春企画】DVD4本上映【参加無料】

月曜日, 10月 21st, 2013

◆2014年1月4日(土) 新春特別企画として、DVD4本同時上映。 料金:無料 場所:浦和コミュニティーセンター第7集会室(浦和パルコ10F) 13:30〜14:40 「チェルノブイリ・ハート」 2003年に制作された ドキュメンタリー映画。監督はマリアン・デレオ。 アカデミー 短編ドキュメンタリー映画賞を受賞。 子どもの頃被ばくしたお母さんたちから20年後に生まれた子どもにこんなにたくさんの健康問題が起きているというのは本当なのだろうか。 真偽が問われているドキュメンタリーです。 15:00〜15:30 「原発~その利権構造」 内部被ばくの恐ろしさ。 チェルノブイリやアフガニスタンの劣化ウランで被ばくした子どもたちに数年後から多発。 作れば作るほど儲かる原発のからくり。 話:田中優 小出裕章  16:00〜17:10 「いのち」 廃墟の町チェルノブイリを訪ねる。 一方、福島県大熊町の養鶏所、餓死した鶏たち。折り重なる牛の死骸。 福島の隠された放射能汚染の実態。 NHKスペシャル制作、受賞した林勝彦監督のドキュメンタリー。 18:10〜19:10 「バークレー市民がつくる町」 アフガン爆撃にアメリカで唯一反対決議をあげた町、バークレー。 『参加型民主主義』の生き生きとした姿は日本の私たちに大きな励ましを与えてくれます。   090-9647-2149 星丘 090-7702-4939 野田 kokumintohyo.saitama@gmail.com

【報告】[外部event]12月22日(日)小出裕章さん熊谷講演会

水曜日, 9月 25th, 2013

小出裕章さん熊谷講演会 「正しく知ることから始めよう」 ・・原子力発電のこと 福島原発事故のこと・・ 日時:2013年12月22日(日曜)午後1時半開場・2時開演 場所:「熊谷文化創造館 さくらめいと」 太陽のホール 800名収容 埼玉県熊谷市拾六間111-1 講師:京都大学原子炉実験所助教  小 出 裕 章 さん 参加費:大人500円(資料代) 高校生以下無料 申込:http://20131222kumagaya.jimdo.com/?logout=1 上記HPの申込みフォームでお申し込みください。 主な後援団体: 熊谷市教育委員会 東松山市教育委員会 深谷市教育委員会 埼玉県平和運動センター 原水爆禁止熊谷市協議会 生活クラブ生協埼玉・熊谷ブロック (公財)丸木美術館 東京新聞さいたま支局 主催:「小出裕章さん熊谷講演会実行委員会」email koidekumagaya@gmail.com                           Twitter @koidekumagaya 小出裕章さん熊谷講演会実行委員会 公式HPはこちら http://20131222kumagaya.jimdo.com/ 高画質版はこちら パート1 パート2 パート3 パート4

[event]11月24日(日)DVD上映会★真実はどこに?★

火曜日, 9月 24th, 2013

DVD上映会(2004年制作 ドキュメンタリー)★真実はどこに?★ チェルノブイリの放射能汚染を巡って、なぜ科学者が誰一人まともに反論しないのか。子どもの成長の遅れ、異常な衰弱状態、病気回復の遅れ、老化の加速、新生児患者の増加・・・住民や子どもたちの消されてしまった声。 監督 ウラディミール・チェルトコフ 2013年 11月24日(日)13:40~14:50 会場:さいたま市武蔵浦和コミュニティセンター 第10集会室

11月20日(水)「原発」国民投票埼玉オープンミーティング

火曜日, 9月 24th, 2013

◆11月20日(水)浦和パルコ9階市民活動サポートセンター「「原発」国民投票埼玉オープンミーティング」19:00~ 「原発」国民投票 埼玉県賛同人会の定例会(打ち合わせ会)を公開で行います。 賛同人以外の方も飛び入り参加歓迎! 090-9647-2149星丘 kokumintohyo.saitama@gmail.com

【報告】 [event]11月17日(日)海渡雄一弁護士講演会">【報告】 [event]11月17日(日)海渡雄一弁護士講演会

月曜日, 9月 23rd, 2013

このイベントは終了しました。動画を以下から視聴できます。 http://youtu.be/-mmMc4f6hFM   こんなことが許されるか! ”秘密保護法で戦争準備・原発推進” ~秘密保護法が通るとどんなことが起きるのか~ 日時:2013年11月17日(日)18:45~(開場18:30) 場所:浦和コミュニティセンター第15集会室 JR浦和駅東口1分 浦和パルコ9階 資料代:500円 予約先:090‐7702‐4939(野田) 048‐884‐3369(風土舎10時~19時) E-mail: hoshiok@gmail.com kokumintohyo.saitama@gmail.com   【報告】 昨日の海渡雄一講演会「秘密保護法で戦争準備・原発推進」(浦和パルコ)のご報告を簡単にいたします。秘密保護法が短期間のうちに臨時国会に上程されました。そのため、日本弁護士連合会秘密保護法対策本部副本部長の海渡雄一氏を急遽、浦和にお呼びして、「原発」国民投票・埼玉主催で講演会をお願いしたのでした。 チラシを作ってから、日も少なく、懸命にリリースに努めましたが、来会者は29人でした。海渡さんは前社民党の福島みずほさんのお連れ合いです。 海渡さんのお話を聞き、秘密保護法は日本の民主主義社会を根底から変えてしまう可能性もある法案であることが分かりました。20ページの資料を用意して下さいました。余った紙の資料は定例会などで差し上げることができます。その他のかたには、添付してお送りすることもできます。 2013年6月にできた人権を守る国際的条約であるツワネ原則 http://sun.ap.teacup.com/souun/12481.htmlにも違反するというお話に、強い印象を持たれたというかたが多いでした。(野田)

【報告】[外部event]11月16日(土)被災者の生活を、見えないはずの放射線を「見る・感じる自主上映会」">【報告】[外部event]11月16日(土)被災者の生活を、見えないはずの放射線を「見る・感じる自主上映会」

月曜日, 9月 23rd, 2013

被災者の生活を、見えないはずの放射線を「見る・感じる自主上映会」 ―避難民・双葉町の記録―「原発の町を追われて」 コラボ企画 「みんなの測定所ふじみーる」 日時:2013年11月16日(土) 会場:富士見市立鶴瀬西交流センター2階 講座室(鶴瀬駅西口徒歩7分) 13:10 ~ 受付開始 13:30 ~「原発の町を追われて」上映56 分 14:35 ~「続・原発の町を追われて」上映25 分 15:15 ~ 放射線可視化デモンストレーション 監督を囲んで、ディスカッション ※13:30 ~ 15:00 保育あり(10ヶ月~未就学児、先着10名) 500円 要事前ご予約 主催:みんなの測定所ふじみーる 詳しくはここをクリック 【報告】 「原発」国民投票・埼玉県賛同人会からは、真木、竹内が、お手伝いさせて頂きました。 当会の署名簿も置かせて頂き10筆の署名を頂きました。 放射線可視化シュミレーションは動画に記録しました。

【報告】[協力event]11月9日(土)「原発の町を追われて ― 避難民・双葉町の記録 」上映会">【報告】[協力event]11月9日(土)「原発の町を追われて ― 避難民・双葉町の記録 」上映会

月曜日, 9月 9th, 2013

「原発の町を追われて ―避難民・双葉町の記録」 上映会   【報告】 「原発」国民投票・埼玉からは、星丘、竹内がスタッフとして参加。 「原発」国民投票の署名数は4筆。 でした。 お寺でのイベントは楽しいです。 午前中から手伝ったスタッフはお昼に、たらいうどんが振る舞われたし、最後まで残ったスタッフにはカレーライスが振る舞われました。 お寺ですので、開会最初の15分お経の時間で、そのあと上映会でした。 堀切さとみ監督も参加されました。 お客様は、予約80名くらいに対して、実際に集まったのはなんと134名(スタッフ除く)、これは和尚さんの人徳に誘われてではないでしょうか?(竹内)   日時 11月9日(土)14:00~16:30(13:30~受付開始 ) 場所 保寧寺(ほねいじ) 埼玉県加須市日出安1286 東武伊勢崎線「加須」駅北口下車、鴻巣行きバス「日出安」下車徒歩10分 参加費 500円(お茶菓子付き)   原発のある町に暮し、事故でふるさとを追われた人々の想い。 「俺たちはどうせ、忘れられていくのさ・・・」 福島第一原発のお膝元にあり、2012・3・11直後、全世帯が避難勧告を受けた双葉町。今も100人以上の町民が、廃校になった旧騎西高校(埼玉県加須市)を拠点に避難生活を送っている。埼玉在住の給食調理員、堀切さとみさんは、事故直後から双葉町の避難者に寄り添い、避難所で起きた出来事にカメラを回し続けてきた。ボランティアの一人の女性が記録した<マスコミに伝えられない本音>、貴重なドキュメンタリー話題作。 「原発の町を追われて」公式サイト→http://genpatufutaba.com/   *本編に加えて、その後の「今」に迫る続編の上映有り。 上映後、制作者・避難者との交流会あり。 予約・お問い合わせ TEL 0480-73-1050(保寧寺8時~20時)、090-5579-1097(鹿野) メール akuaku1231@yahoo.co.jp(上映実行委員会事務局) 主催 臨済宗妙心寺派・保寧寺 11・9上映実行委員会 協力 「みんなで決めよう『原発』国民投票・埼玉」     「脱原発1000万人署名四市連絡会(埼玉)」     「脱原発さいたま市」     「世田谷から未来をつくる会」     「下北沢+被災地命つなごうプロジェクト」     「都民カフェ渋谷」

[event]11月3日(日) 井戸川克隆&学生 講演 &交流会

火曜日, 9月 3rd, 2013

避難所で炊き出しを続ける「学生」と 双葉町前町長「井戸川克隆さん」の講演 &交流会 ●日程 2013年11月3日(日) ●時間 開 場)14:45 講演会)15:15~17:55 交流会)18:15~19:15 ●会場 東大宮コミュニティセンター ホール 住所)埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-31-1 交通)JR東大宮駅から徒歩数分。 ●参加費 大学生以下)予約/200円・当日/300円 社会人)予約/800円・当日/950円 講演会のみ有料。 交流会は無料。 経費を除いた分を、福島県双葉町に寄付します。当日のカンパも大歓迎です。 ●講演者 ・避難所で炊き出しを続けている、脱原発さいたま市の学生。 ・双葉町民を避難させた、井戸川克隆 前町長。 ◇脱原発さいたま市の学生 その学生たちが、双葉町の方と直接お会いし、お話ししていく中で、色々な事を感じ ています。 私たちの『温かい食事&お誕生日おめでとうプロジェクト』の活動報告と共に、あな たに思いをお伝えします。 ◇井戸川克隆 前町長 『正しい歴史を残す大切さ { 福島の事故は正しくない }』……これが、今回の講 演です。 感じに来て下さい。井戸川さんの言葉を。 2005~2013年、双葉町長を務められた井戸川さん。 福島原発の重大事故を受け、福島県の首長の中でただ一人、町民の県外避難を実現。 2012年10月・2013年5月には、ジュネーブの国連人権理事会総会に赴き、原発事故後 の福島の窮状を訴えました。 ●予約・お問い合わせ kokumintohyo.saitama@gmail.com 090-7702-4939(野田) 048-884-3369 (風土舎10:00~19:00) ※学生のみ先行予約開始。社会人の方は10/1より受付。 ※「氏名」と、「交流会参加希望の有無」をご連絡下さい。 ※学割希望の方は、その旨もお伝え下さい。 ●共催 ・「原発」国民投票 埼玉県賛同人会(http://saitama.kokumintohyo.com/) ・脱原発さいたま市(http://nonukescitysaitama.web.fc2.com/) ●Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/list#!/events/540682616002799/