メディア

 

この運動を取り上げた記事や関連する記事の中で、
とりあえず賛同人の手元にあるものについてアップします。
この他にもたくさんの雑誌・TVなどで、繰り返し報じられています。
全国のサイトにも掲載がありますので、あわせてご覧ください。
メディア掲載情報

記事は下に行くほど古いものになります。
画像を一度クリックし、さらにもう一度クリックすると、
大きく表示できます。

 

イタリアの地方誌に「原発」国民投票の運動が紹介されました。
埼玉にお住まいの亀田さんが書かれた記事です。
日本語訳もつけてくださいました。亀田さん、ありがとうございます。
(「 」内以外は要約です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「反原発の包囲網狭まる~核のなかで核と闘う」〔記事のタイトル〕

今年の夏は例年よりも暑かった。だが原発なしでも乗り切ることができた。しかし、政府は電力不足を脅しに大飯原発の再稼動に踏み切った。再稼動に多くの市民は新たに憤りをあらわにした。毎週金曜日、首相官邸前での再稼動への抗議行動は回を追うごとに増えた。7月29日のキャンドル抗議行動は国会を包囲し、7月16日の「さよなら原発」集会には予想を上回る市民が集まった。

「このように原発を包囲する抗議行動の輪は狭まってきている。そのなかでイタリアの経験をもとに国民投票の取り組みがはじまった。日本で国民投票は拘束力をもたず諮問的な性格しかもたない。一般的な憲法解釈では憲法改正をのぞき国会以外の立法手段は認められていないためである。国民投票運動『みんなで決めよう「原発」国民投票』は有権者の1%にあたる111万人署名をめざしている(ネット上署名をふくむ)。署名は、両院議長と首相、各党代表に提出されることになっている。国民投票の結果に拘束力をもたせるためには、投票前に首相あるいは議会に国民投票の結果を尊重することを宣言させなければならない。地方レベルではすでに大阪市と東京都においてそれぞれ5万5千人と32万3千人分の署名もって住民投票を提起したが、議会は申請を拒否した。現在、静岡県では16万5千人分の署名を集め、新潟県では署名活動を進め住民投票の実現をめざしている。もし、わたしたちの代表が民衆の声に耳を傾けないのであれば、その声を直接代表に届けようとするものである。そこに国民住民投票の意味がある。」

7月28日、日本ではじめて「緑の党」が結成された。いままでさまざまな環境保護運動は存在したが全国的な政治組織は存在しなかった。イタリアの緑の党とおなじく緑の党の国際組織「グローバル・グリーンズ」に加盟している。

政府は国の新しいエネルギー政策を策定するために世論調査を実施した。結果は、2030年までに原発をゼロにする意見が大半を占めた。政府は世論調査ののち政策決定することになっているが、この結果を考慮することが望まれる。

いま、野田政権は消費税引き上げをきっかけにした党の分裂によって弱まっている。遠くない時期に選挙になるであろう。その際、有権者は雇用、福祉に次いで原発問題を重視している。だが、選挙を待つことなく弁護士や大江健三郎、坂本龍一など文化人のグループは、脱原発法案を提出した。

「このように社会や政治、法制定などさまざまな方面から反原発の包囲網が狭まっている。これらの経験は原発問題にとどまらず、長いあいだ眠りこんでいた民衆を市民意識の再生へとむかわせてゆくであろう。わたしはそう望んでいる。」

 

東京新聞20120625朝刊

 

 

 

 

 

 

 

 

東京新聞20120623朝刊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

******************************

寄居町議会だより「お元気ですか寄居議会です」№64(2012年3月定例会号)

寄居町の市民グループ「寄居町 耕す人の会」が、町民のおよそ3%の署名を添えて、3月町議会に以下の請願を提出し、継続審議となっています。

★請願書の内容
件名  原発国民投票の実現について
要旨  原発国民投票の実現を求める意見書を国会・政府に提出していただきたい。

この請願運動は、私たち<みんなで決めよう「原発」国民投票>と連携して行われた運動ではありませんが、地域に根ざす人々によって同時進行した切実な運動です。
<寄居町議会だより>に掲載された寄居町議の国民の目線で訴える議会発言、ぜひ、ご一読ください。

鮮明なものはhttp://www.town.yorii.saitama.jp/uploads/gikaidayori/1205gd1011.pdfから
PDFをダウンロードできます。

******************************

東京新聞2012年4月14日
「原発」国民投票 事務局長でジャーナリストの今井一の記事が掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京新聞2012年4月5日「筆洗」で「原発」都民投票のことが書かれています。

広島の賛同人、衣山さんから、広島テレビによる署名活動の放映をご紹介いただきました。
以下のブログの画面を下にスクロールすると1/19付広島テレビの静止画像を見ることができます。
http://blogs.yahoo.co.jp/mitokosei/folder/983191.html

 

 

2012年3月13日東京新聞、国民・住民投票アンケート結果(静岡県意識調査)
国民投票の支持が65%、住民投票の支持が57%

 

 

天然生活 2012MARCH
p99 「国民投票について考えてみませんか?」と題して5ページにわたり紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

婦人之友2012MARCH
p132 NEWSらんだむ に今井一事務局長が寄稿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京新聞2012.02.10

 

 

 

 

 

 

 

 

東京新聞2012.02.10*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京新聞社説2012.01.30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日新聞2011.12.30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日新聞2011.12.30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日新聞12011.12.24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日新聞2011.12.19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日新聞2011.11.27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通販生活2011秋冬号